自動売買だけではないMT4(メタトレーダー)の使い方

mt4の使い方

    その他の使い方
  • 裁量トレード用として
  • 分析チャートツールとして
  • オリジナルのテクニカル指標を追加


ここでは、自動売買(システムトレード)だけではないMT4(メタトレーダー)のその他の使い方をまとめています。

シストレ以外にも様々なことが行える便利ソフトです。

その他の使い方①

自動売買(システムトレード)だけではないMetaTrader(MT4)のその他の使い方①は、裁量トレード用として使うこと。

シストレ用として利用している人が多いですが、裁量取引も行うことができます。
注文も決済も簡単に行える操作性の良さ。

様々な注文機能も簡単に設定できる。
指定したレートや時間でアラームを鳴らせるといったことが行えます。

さらに、チャートや分析ツールも非常に充実しているため、そこらの業者が提供している裁量ツールよりも優秀
そのため、使い方として裁量トレード用として利用している人も少なくありません。


その他の使い方②

自動売買(システムトレード)だけではないMetaTrader(MT4)のその他の使い方②は、分析チャートツールとして使うこと。

使い方①でも解説した通り、MT4はチャートや分析ツールも非常に優秀。
テクニカル指標の数が多く、操作性が抜群、さらにカスタマイズもしやすい仕様となっています。

そのため、使い方としてチャート&分析ツール用として使う人も。
MT4で分析を行いつつ、実際の取引は他で行う人もいるほどです。


その他の使い方③

自動売買(システムトレード)だけではないMetaTrader(MT4)のその他の使い方③は、カスタム・インディケーター(オリジナルのテクニカル指標)を追加すること。

他では見たこともないようなカスタム・インディケーターを追加できる。
これも使い方の大きな魅力の一つです。

カスタム・インディケーターは、ネット上に無数に溢れています。
また、プログラミングの知識がある人ならば、自分でカスタム・インディケーターを作成可能

自分ならではの独特の分析を行う。
それを可能としてくれるのが、カスタム・インディケーターです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ