アルパリジャパンMetaTrader(メタトレーダー)のメリット&デメリット評価

アルパリジャパン

    アルパリジャパンMetaTraderのメリット評価
  • MT4最狭水準のスプレッド
  • スタンダード口座とプロ口座の二つが用意されている
  • スタンダード口座は1000通貨取引OK
  • 両口座NDD方式でクリアな取引が行える
  • 日足5本表示可能


アルパリジャパンMetaTrader(メタトレーダー)の最大のメリット評価は、MT4業者の中で最狭水準のスプレッド

1銭を切るスプレッドの狭さはMT4以外の全ての自動売買業者を合わせてもトップクラス。
スプレッドの狭さをウリにしている通常FX業者と比べても、そこまで差がない水準となっています。

また、それぞれ特徴が違うスタンダード口座とプロ口座の二つが用意されているのも特徴の一つ。
スタンダード口座はよりスプレッドが狭く、1000通貨取引OK。

プロ口座は通貨ペアが多い点が評価されています。
他にも、両口座共にNDD方式でクリアな取引が行える&日足5本表示可能。

MetaTrader以外にも、プロ投資家向けに開発された分析ツール
リアルタイムに様々な角度から金融市場を分析する情報ツールなども提供しています。

アルパリジャパンMetaTrader(メタトレーダー)のデメリット評価

アルパリジャパン2

    アルパリジャパンMetaTraderのデメリット評価
  • 二つの口座の問題
  • スタンダード口座はスプレッドの安定度が低い
  • プロ口座は10万通貨単位なので使いづらい


アルパリジャパンMetaTrader(メタトレーダー)のデメリット評価は、二つの口座の問題という点。

スタンダード口座の問題はスプレッドの安定度が低いところ。
いくら基本値が狭くても、安定度が低いのはやはりネック。

逆にプロ口座は安定度は高いですが、10万通貨単位でしか取引が行えないため、こちらもなかなか使いづらくなっています。
二つの良いところを合わせて、一つの口座にしてくれると一番なのですが。

各評価のまとめ

アルパリジャパンMetaTrader(メタトレーダー)の評価をまとめると、スプレッドの狭さがトップクラスのMT4業者

スタンダード口座は安定度が低いですが、それはどこでも同じ。
そのため、ここはそこまで気にしても仕方ありません。

また、10万通貨単位でしか取引が出来ないとはいえ、プロ口座ではあれば安定度はグッと増します。
さらに、日足5本表示可能・MT4以外のツールも充実している点も魅力です。

逆にネックは口座が二つに分かれているところ。
また、世界では人気とはいえ、日本ではまだまだ知名度が低いところも気になるところ。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

このページの先頭へ