約定能力で比較:スキャルピング向けFX業者

約定能力


ここでは、スキャルピング向けFX業者を約定能力や滑り・スリッページ(不利なレートで約定すること)などで比較しています。

上からおすすめ順となっています。

約定能力で比較した人気①:FXCMジャパン証券『プレミアム口座』

約定能力や滑り・スリッページで比較したスキャル向けFX会社①は、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』。

FXCMジャパン証券『プレミアム口座』の特徴は、インターバンク直結のNDD方式を採用し、フェアでクリアな取引環境という点。
それによって、再クォートなしの高い約定能力を実現。

滑り・スリッページも高い確率で抑え、逆に有利な方向にスリップするポジティブスリッページが発生することも。
さらに、スキャル制限なし・固定スプレッドとスキャルを行う取引環境は抜群です。


約定能力で比較した人気②:OANDA Japan(オアンダジャパン)

約定能力や滑り・スリッページで比較したスキャル向けFX会社②は、OANDA Japan(オアンダジャパン)。

OANDA Japan(オアンダジャパン)の特徴は、約定拒否なし・再クォートなしという点。
スピードも追求した圧倒的な約定能力が魅力です。

透明性の高いフェアな取引方式で、FXの隠れコストを徹底的に排除。
チャートは、5秒足・10秒足・30秒足など、他の業者ではなかなか見られない細かい秒単位で表示できるという特徴も。

他にも、1通貨単位から取引できるのも魅力でしょう。
ただし、デイトレードは歓迎の姿勢ですが、スキャルに関しては特に姿勢を示していないのが気になるところ。


約定能力で比較した人気③:セントラル短資『ウルトラFX』

約定能力や滑り・スリッページで比較したスキャル向けFX会社③は、セントラル短資『ウルトラFX』。

セントラル短資『ウルトラFX』の特徴は、こちらもインターバンク直結型(NDD方式)の透明性が高い取引という点。
それによって、高い約定能力と滑りやスリッページの少なさを実現。

さらに、低スプレッドを徹底的に追求することで、安定して狭いスプレッドを提示するという魅力も。
まさに短期売買の申し子のような口座です。

ただし、取引通貨単位が5万通貨~。
スキャルに対する明確な意思表示をしていない点が心配なところ。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ