取引ツールで比較:スキャルピング向けFX業者

取引ツール


ここでは、スキャル向けFX会社を取引ツールで比較しています。

上からおすすめ順となっています。

取引ツールで比較した人気①:セントラル短資『ウルトラFX』

取引ツールで比較したスキャル向けFX会社①は、セントラル短資『ウルトラFX』。

セントラル短資『ウルトラFX』の特徴は、デイトレやスキャルなどの短期売買に適した独自取引ツールという点。
新感覚の操作性・視認性の高さ・スタイルに合わせて変更できるカスタマイズ性の高さが評価されています。

スプレッドの狭さと同じく、取引ツールも徹底的に追求。
さらに、別口座も利用すれば、FXライブ、クイックチャート・トレードプラスセントラルミラートレーダーなども使うことができます。


取引ツールで比較した人気②:FXCMジャパン証券『プレミアム口座』

取引ツールで比較したスキャル向けFX会社②は、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』。

FXCMジャパン証券『プレミアム口座』の特徴は、世界が認める取引ツール『Trading Station』
プロに認められた優れた操作性の高さ、取引ツールとチャートが連動し、世界の金融機関に直結したスピーディーなトレード環境を実現しています。

抜群の使い心地の良さと高性能さが支持率の高さの要因。
また、サポート外ですが、売買シグナルが表示できるといった機能も搭載されています。


取引ツールで比較した人気③:OANDA Japan(オアンダジャパン)

取引ツールで比較したスキャル向けFX会社③は、OANDA Japan(オアンダジャパン)。

OANDA Japan(オアンダジャパン)の特徴は、サクサク感がクセになる高機能取引ツールという点。
直感操作に力を入れるなど、スキャルなどの短期売買に強い仕様となっています。

また、サブ口座でMT4(メタトレーダー)口座を管理することも。
チャート機能はもちろん、自動売買も行えるとても優れたソフトです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ