FXスキャルピング手法とは?

スキャルピング手法とは?

FXスキャルピング手法とは、簡単にまとめると超短期売買

数秒~数分間の短い時間で取引を行うトレード手法のこと。

小さい利益をコツコツと稼ぐの基本のスタイルとなります。

1回の利益が少ないため、ある程度の金額を稼ぐには取引回数を増やすか、大きな金額でトレードする必要があります。

多くのスキャルトレーダーは前者の1日の取引回数を増やし、利益を稼ぐスタイルを採用しています。

スキャルピングとデイトレード手法の違いとは?

短期売買と言えば、デイトレードを想像する人も多いと思います。
では、スキャルとデイトレード手法の違いとは?

どちらも短い時間で取引を行う手法なので、明確な違いはありません。
ただし、より短い時間で取引を行う手法をスキャルと呼ぶ傾向にあります。

具体的には、スキャルは数秒~数分間、デイトレードは数十分~1日間といった感じ。
デイトレードをさらに細かくしたものがスキャルと思って問題ありません。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ