損を拡大させないFXスキャルピングの損切り

・トレード前に損切りポイントを明確にしておく
・感情に流されない
・自分自身でしっかりと考えて設定数字を決める

FXスキャルピングの損切りのポイント①

損切り

損を拡大させないFXスキャルの損切りのポイント①は、トレード前に損切りポイントを明確にしておくこと。

ここがハッキリさせないでトレードを行うのは非常に危険な行為

絶対に損切りポイントを明確にしないままトレードを行うのはやめましょう。

ポイントを決めておかないと、その都度その都度、都合の悪い展開になると損切りを躊躇してしまうもの。

曖昧な状態で勝てるほど投資の世界は甘くありません。


FXスキャルピングの損切りのポイント②

損を拡大させないFXスキャルの損切りのポイント②は、感情に流されないこと。

いくら損切りポイントを決めても、それをしっかりと実行しないと全く意味がありません。
特に損切りはマイナスを確定する行為なので、誰もが少しは躊躇してしまうもの。

そういった感情に流されないように、淡々と機械的に行うのがコツです。
とはいえ、人によってはそういった作業が難しい性格の人もいます。

そういった人はスキャルピングはやめましょう。
あなたの性格的にこの手法は向いていません。

それよりも、自分自身の性格に合った手法を行う方が勝率も高まります。


FXスキャルピングの損切りのポイント③

損を拡大させないFXスキャルの損切りのポイント③は、自分自身でしっかりと考えて設定数字を決めること。

本やネットなど、今ではFXだけなく様々な投資の情報があります。
その中には、損切りの数字はこれぐらいに設定した方がイイ!といったものもあります。

ただし、そういった情報をそのまま鵜呑みにしているようでは投資の世界では勝てません。
なぜなら、それはその人にとっての最適な数字だからです。

人によって性格が違うため、その人にとっての最適な手法があなたにも当てはまるとは限りません
こういった情報はあくまで参考程度に留め、自分自身でしっかりと考えて設定数字を決めましょう。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ