スキャルピングに最適なFX業者の比較一覧表

FX業者名 スプレッド狭
安定度
約定力
滑り
取引ツール 利点&弱点
セントラル短資FX
ウルトラFX
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★☆☆ マイナス表示もある低スプレッド&NDD方式が魅力。ネックは最低取引通貨5万~。
外為ジャパン ★★★★★
★★★★☆
★★★☆☆
★★★☆☆
★★★★☆ さらに狭くなるスプレッド縮小キャンペーンなどを頻繁に行う。
JFX
マトリックストレーダー
★★★★★
★★★☆☆
★★★★★
★★☆☆☆
★★★☆☆ スプレッド&約定力がピカイチ。弱点はその広がりや滑るなどの不安定度。
OANDA Japan ★★★☆☆
★★★☆☆
★★★★★
★★★★★
★★★★☆ 1通貨単位から取引OK&圧倒的な約定力。ネックはスプレッド関連。
ヒロセ通商 ★★★★☆
★★★☆☆
★★★★★
★★★☆☆
★★★☆☆ スプレッドの狭さ&約定に強さを。ネックはスプの広がり。
SBI FXトレード ★★★★☆
★★☆☆☆
★★★★☆
★★★☆☆
★★★☆☆ 最侠水準スプレッド&4桁表示。取引量が増えると広がるのがネック。
みんなのFX ★★★☆☆
★★★★☆
★★★☆☆
★★☆☆☆
★★★☆☆ 主要通貨ペアはスプレッドが狭いだけでなく、安定度も高い。
FXプライム byGMO ★★★☆☆
★★★★★
★★★★★
★★★★★
★★★★★ 同じ系列のGMOクリック証券はスキャルピング不歓迎・・・。

スキャルピング手法に最適なFX業者の比較一覧表とは?

スキャル手法に最適なFX業者の比較一覧表では、その名の通り、スキャルに注目してそれぞれを比較しています。
短期売買に重要な要素はスプレッドの狭さや安定度、約定能力の高さや安定度、取引ツールの操作性や使いやすさです。

この手法は、これらのどれかが極端に欠けているだけでもかなり苦戦することでしょう。
だからこそ、しっかりとFX業者を選んでいく必要があるのです。

特に大事なのがスプレッドや約定能力の安定度。
狭さや高さに注目する人は多いですが、安定度を疎かにしている人も多いもの。


比較一覧表から見るスキャルピング手法に欠かせないFX業者のポイント

上記でも解説した通り、比較一覧表から見るスキャル手法に欠かせないFX業者のポイントはスプレッド約定能力の安定度。
いくらスプレッドが狭くても、安定度が低く、広がりが大きいとあまり意味はありません。

また、いくら約定能力が高くても、スリッページ(不利なレートに滑って約定されること)が多いようでは余計なコストばかりかかます。
これではいくらスプレッドが狭くて安定度があったとしても、スリッページでチャラになってしまいます。


スキャルピング手法に最適なFX業者の比較一覧表では

スキャル手法に最適なFX業者の比較一覧表では、その点もしっかりと反映されています。
スプレッド狭い&約定能力が高いから評価を高くするのではなく、その安定度もしっかりとチェックしています。

また、取引ツールではツールの操作性や使いやすさはもちろん、スピードなどもチェックしています。
いくら優秀で使いやすい取引ツールであっても、フリーズが多いなど、スピード感がないとストレスが溜まりますから。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

このページの先頭へ