FXスキャルピングのエントリーポイント

エントリーポイント

エントリーポイントの基本①は、オーソドックスなパターンは複数の時間足をチェックしトレンドを確認するということ。

例えば、1分足・1時間足・日足の複数をチェック。

これら全てのトレンドが一致していたらゴー。

こういった具合にエントリーポイントを決定します。

組み合わせる足のパターンはこのままでなくても問題ありません。
ポイントは短い時間足と長い時間足を組み合わせること。

短い時間足で見ると上昇トレンドでも、長い時間足で見ると下降トレンドだった。
こんなパターンはよくありますから。

そういった時にエントリーすると、思惑とは逆に動く危険性が高まります。


FXスキャルピングのエントリーポイント②

エントリーポイントの基本②は、スタイルによってエントリーポイントの数は違ってくること。

慎重に行くのなら、チェックする時間足の数は3つ以上。
さらに、それ全てのトレンドが揃っていた場合のみエントリーする。

慎重になればなるほど確実性が増します。
ただし、その分、ポイントの数が少なくなるのがネックです。

逆に積極的にトレードするのなら、チェックする時間足は短いものと長いものを1つずつ、合計2つ。
それらのトレンドが揃った時をエントリーポイントとする。

こうすればよりエントリーポイントが増えますが、その分、失敗する確率も高まります。
どちらのスタイルにするかはあなたの性格に合わせましょう。

ただし、どんなにエントリーポイントを増やしたくても、1分足のみなど、1つの時間足の動きに合わせてトレードするのは危険。
このレベルでトレードが行えるのは一部の天才のみです。


FXスキャルピングのエントリーポイント③

エントリーポイントの基本③は、エントリーポイントに正解はないということ。

基本は①や②の通りですが、ある程度トレードの経験を積んだトレーダーはここに自分なりのルールを加味していきます。
そうすることによって、より勝率を高めるのが狙いです。

そのため、人によって様々な独自ルールが存在します。
ネットなどで検索すれば、そういった情報を簡単に手に入れることができます。

ただし、こういった情報を鵜呑みにしないようにしましょう。
それはその人のやり方であって、それがそのままあなたにも有効とは限りません。

自分に合ったエントリーポイントを見つける。
それもスキャルで安定して稼ぐために重要なポイントです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ