デモトレードで比較:スキャルピング向けFX業者

デモトレード


ここでは、スキャル向けFX会社をデモトレード口座で比較しています。

上から順番におすすめとなっています。

デモトレード口座で比較した人気①:OANDA Japan(オアンダジャパン)

デモトレード口座で比較したスキャル向け人気FX会社①は、OANDA Japan(オアンダジャパン)。

OANDA Japan(オアンダジャパン)の特徴は、デモトレードにオープンという点。
デモトレードや取引が行える会社は多いですが、現在では口座の申込みをPRページに表示しないなど、積極的でないところが多くなっています。

そんな中、OANDA Japan(オアンダジャパン)ではPRページにもデモトレード口座の申込みボタンを表示するなど積極的。
制限などもあまり設けておらず、自由に試せるようになっていますが、取引ツールはデモバージョンとなっているので注意しましょう。


デモトレード口座で比較した人気②:JFX『マトリックストレーダー』

デモトレード口座で比較したスキャル向け人気FX会社②は、JFX『マトリックストレーダー』。

JFX『マトリックストレーダー』の特徴は、スキャルを歓迎しているという点。
そんなJFX『マトリックストレーダー』でも、しっかりとデモトレード口座は用意されています。

ただし、OANDA Japan(オアンダジャパン)と比べるとデモトレードに積極的ではない(PRページでは紹介されていない)、取引環境がデモ仕様となっている、有効期限30日(何度でも再登録は可能)など、いくつかの注意すべき点があります。


デモトレード口座で比較した人気③:FXCMジャパン証券『プレミアム口座』

デモトレード口座で比較したスキャル向け人気FX会社③は、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』。

FXCMジャパン証券『プレミアム口座』の特徴は、こちらもスキャル歓迎という点。
こちらでもしっかりとデモトレード口座が用意されています。

ただし、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』ではなく、スタンダード口座(取引環境が違う)のデモトレードとなりますので注意しましょう。
また、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』もPRページで紹介されていないなど、あまりデモトレードに積極的ではありません。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ