FXスキャルピングとデイトレの違い

スキャルとデイトレの違い

    スキャルとデイトレの違い
  • 1回の取引にかかる時間
  • 狙う利幅
  • FX業者の対応


ここでは、スキャルとデイトレの違いについて解説しています。

FXスキャルとデイトレの違い①

スキャルとデイトレの違い①は、1回の取引にかかる時間。

スキャルは数秒~数分なのに対し、デイトレは数十分~1日程度で取引を行います。
どちらも短期売買ですが、スキャルはデイトレよりもより短い時間でトレードを行うのが基本となります。


FXスキャルとデイトレの違い②

スキャルとデイトレの違い②は、狙う利幅。

スキャルでは1~5銭程度、デイトレは6銭~数十銭程度の利益を狙います。
デイトレの場合、1日単位で取引を行えば100銭(1円)程度の利益を狙えることも。

スキャルでは何度も取引を行い、小さい利益を何度もコツコツと。
デイトレではより大きな利幅をスキャルよりも少ないトレード数で狙うのが基本となります。

当然、損切りもスキャルの方が細かく、デイトレの方がより余裕を持った数字で設定を行います。


FXスキャルとデイトレの違い③

スキャルとデイトレの違い③は、FX業者の対応。

デイトレと違い、スキャルの方は業者が規制をかけたり禁止しているところもあります。
ただし、これはやり過ぎた場合に限ります。

やり過ぎなければそういった規制や禁止はないので、ここは特に気にする必要はありません。
逆に自動売買などで短期時間で何度もスキャルを行う場合は注意しましょう。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ