通貨ペアで比較:スキャルピング向けFX業者

通貨ペア


ここでは、スキャルピング向けFX業者を通貨ペアで比較しています。

上からおすすめ順となっています。

通貨ペアで比較した人気①:OANDA Japan(オアンダジャパン)

通貨ペアで比較したFX会社①は、OANDA Japan(オアンダジャパン)。

OANDA Japan(オアンダジャパン)の特徴は、72という豊富な通貨ペアが取引できるという点。
これはデイトレやスキャルなどの短期売買向け会社の中では最多水準です。

もちろん、取引ツールや約定関係、スプレッドなどもスキャルなどの短期売買向け。
唯一の気になるところは、スキャルに対する明確な姿勢を示していない点です。


通貨ペアで比較した人気②:ヒロセ通商『LION FX』

通貨ペアで比較したFX会社②は、ヒロセ通商『LION FX』。

ヒロセ通商『LION FX』の特徴は、50という豊富な通貨ペア&スキャル歓迎という点。
ヒロセ通商は通貨ペア数ではOANDA Japan(オアンダジャパン)に劣りますが、現時点ではスキャル歓迎という姿勢を取っています。

現在では、スキャル禁止や歓迎していない会社が増えてきているため、これだけでも貴重な存在です。
そういったことを気にせずトレードをしたいのであれば、OANDA Japanよりもヒロセ通商です。

また、スプレッドの狭さは最侠クラス、約定率も高くスピードも早いと抜群の短期売買環境。
ネックはスプレッドの広がりとスリッページ(不利なレートで約定すること)の部分でしょうか。


通貨ペアで比較した人気③:FXCMジャパン証券『プレミアム口座』

通貨ペアで比較したFX会社③は、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』。

FXCMジャパン証券『プレミアム口座』の特徴は、スキャル制限なし&通貨ペアも多いという点。
通貨ペアは、39通貨ペア+ダウジョーンズ FXCM 米ドルインデックスバスケットとなっています。

さらに、FXCMジャパン証券『プレミアム口座』もスキャル制限なしといううれしい取引環境。
主要通貨ペアのスプレッドが狭い、インターバンク直結(NDD方式)のクリアな取引なので安定度が高いというメリットがあります。
ネックは主要通貨ペア以外のスプレッドが広めな点でしょうか。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ