セントラル短資FX『ウルトラFX』の評判・口コミ・評価

man

ついにセントラル短資の短期売買特化型が登場しましたね。
ここはツールや取引環境が優秀なので、あとはスプレッドのみと思っていたのですが。
まさか、インターバンク直結型取引まで取り入れてくれるとは・・・。
これはうれしい意味での誤算でした。
man

スプレッド縮小&NDD方式とは、ついにセントラル短資も本気を出しました。
スキャルピングやデイトレがメインの自分にとってはうれしい限りです。
ただ、5万通貨からしか取引出来ないのがざんねんです。
man

元々、評判が高かった取引ツールと合わせて、この環境は最高ランクでしょう。
スキャルピング&デイトレード中心なら、もはやここがNo.1と言っても過言ではないのではないでしょうか。

セントラル短資FX『ウルトラFX』の口コミや評判から見えるメリット評価

ウルトラFXです。

    セントラル短資FX『ウルトラFX』のメリット評価
  • スキャルピング&デイトレなどの短期売買に強い取引環境
  • インターバンク直結型(NDD方式)の透明性が高い取引
  • マイナスになることもある低スプレッドを徹底追求
  • 短期売買にも強い操作性&カスタマイズ性抜群のツール
  • 別口座を使えば、自動売買も行うことができる


セントラル短資FX『ウルトラFX』の口コミや評判から見える最大のメリット評価は、スキャルピング&デイトレードなどの短期売買に強い取引環境を提供しているという点。

一番の目玉はなんと言っても、インターバンク直結型(NDD方式)による取引システム。
プロも活用する透明性が高い取引を行うことができます。

最大の魅力は、低スプレッドを徹底追求できるという点。
提携カバー先金融機関が提示するレートの中から最良のレートを採用するため、低スプレッドを追求したプライス提示が可能となっています。

そして、セントラル短資ではその環境を最大限に活かすための取引ツールも秀逸。
評判が高い取引ツールは、操作性やカスタマイズ性にさらに磨きをかけ、スキャルピングやデイトレードなどの短期売買も行いやすいツールとなっています。

さらに、別口座で評判の自動売買も行える取引ツール『クイックチャート・トレードプラス』『セントラルミラートレーダー』といったその他のツールも健在。
元々、評判が高かった中期&長期向けの口座に加えて、短期売買にも力を発揮する口座が登場しました。

セントラル短資FX『ウルトラFX』の口コミや評判から見えるデメリット評価

ウルトラFXの公式サイトです。

    セントラル短資FX『ウルトラFX』のデメリット評価
  • 最低取引通貨が5万通貨から
  • 取扱い通貨ペアが少ない
  • 他の取引口座でないと自動売買ツールを使えない


セントラル短資FX『ウルトラFX』の口コミや評判から見えるデメリット評価は、取引通貨単位が5万通貨からという点。

口コミや評判でよく挙がるデメリット評価の筆頭であるスプレッドが狭くなったのはうれしいですが、ウルトラFXでは取引通貨単位が5万通貨からという点が非常にざんねん。
いくらスキャルピングやデイトレードを行うトレーダーは5万通貨以上で取引する人も珍しくないとはいえ、この点は融通を利かせて欲しいところ。

また、『クイックチャート・トレードプラス』や『セントラルミラートレーダー』で自動売買などを行う際は、条件が違う別取引口座を使わないといけない点もざんねんです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

このページの先頭へ