FXスキャルピングでのローソク足チャートの選び方

メイン用:1分足、5分足
サブ用:15分足、1時間足
長期用:日足(メイン、サブ、長期の全てをチェックしトレードするのが基本)

FXスキャルピングでのローソク足チャート:メイン用

ローソク足チャートの選び方を解説しています。

スキャルを行う上で最も基本的なローソク足チャートは、1分足と5分足。

この二つを使っているスキャルトレーダーがほとんど。

ローソク足チャートは時間の感覚が狭ければ狭いほど、それだけトレードのチャンスが増えます。

ただし、逆にそれだけエントリーで失敗する確率も高まるので注意しましょう。

チャンス重視なら1分、慎重派なら5分メインがおすすめです。
ある程度どちらも試して、あなたの性格に合う方をチョイスしましょう。


サブ用ローソク足チャート

スキャルを行う時は1分足や5分足だけチェックするのは×。
1分で見たら上昇トレンドだったものが、1時間で見たら下降トレンドだったということもあるからです。

そこで、15分足や1時間足をサブ用ローソク足チャートしてチェックするようにしておきましょう。
どちらの流れも把握することで、トレードの勝率を高めることにも繋がります。

また、人によってはこれらをメインにトレードする人もいます。
自分に合うかどうか、こちらも一度は試してみましょう。


長期用ローソク足チャート

スキャルには、日足などの長期用ローソク足チャートも重要。
1日のトレンドを確認するために欠かせません。

短期・中期・長期全てのトレンドが一致した。
もちろん、そう簡単にあることではありませんが、こういった状況時にトレードを行えるのが理想的。

慎重派トレーダーの中には、こういった状況時にしかトレードしない人もいるほどです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ