マネーパートナーズFXの評判・口コミ・評価

man

とても優良な業者だと思います。
約定の安定度はハンパないですから。
取引ツールも優秀ですし、他を使う気にはなりません。
man

スプレッドが狭くてなってかなり使いやすくなりました。
配信率100%の安定度の高さも抜群ですね。
とはいえ、指標スキャル制限をかけるなど、スキャル禁止方向な点もざんねん。
man

デイトレやスイングを行うのなら、かなり良い会社でしょう。
スリッページなしで約定力は高く、チャート関連を中心にツールも充実していますし。
初心者はもちろん、中級者以上も満足できる仕様かなと。

マネーパートナーズFXの口コミや評判から見えるメリット評価

マネーパートナーズ

    マネーパートナーズFXのメリット評価
  • 連続No.1を獲得した約定力
  • 特徴が違う二つのコースがある
  • 『100nano』なら100円、100通貨から取引が行える
  • 売買シグナルも表示できる次世代の取引ツール
  • 広がらない業界最狭水準スプレッド(100nano)


マネーパートナーズFXの口コミや評判から見える最大のメリット評価は、連続No.1を獲得した約定力&配信率100%の広がらない業界最狭水準スプレッド(100nano)という点。

評判が高い約定能力はもちろん、最近ではスプレッドも評価されています。
また、マネーパートナーズでは『10000PFX』と『100nano』と特徴が違う二つのコースを用意。

『10000PFX』は、高い約定力&滑りなし、デイトレードや大口取引に強い環境。
また、売買シグナルも表示できる次世代の取引ツール『HyperSpeed NEXT』などの高性能なツールを利用できます。

『100nano』では、100円、100通貨から取引OK。
さらに、『10000PFX』よりもスプレッドが狭く、スワップポイントも業界最高水準という魅力が。

『100nano』はPCツールは『10000PFX』に比べると利用できる数が劣りますが、スマートフォンなどのモバイル取引ツールはだいたい共通したものを使用できます。

マネーパートナーズFXの口コミや評判から見えるデメリット評価

マネーパートナーズ2

    マネーパートナーズFXのデメリット評価
  • 『10000PFX』と『100nano』では取引環境が違う
  • 使える取引ツールも違う
  • スキャルピングが歓迎されていない


マネーパートナーズFXの口コミや評判から見えるデメリット評価は、『10000PFX』と『100nano』では取引環境が違うという点。

また、使用できる取引ツールに関しても違いがあります。
『10000PFX』と『100nano』はどちらも評判が高いため、それぞれの良いところを統合して一つになれば最強クラスになれると思うのですが・・・。

他にも、『100nano』はスプレッドが狭く配信率100%と安定度も高いですが、『10000PFX』は狭さがそこそこで時間帯やイベント時のスプレッドの広がりの大きさがネック。
また、マネーパートナーズではスキャルピングは歓迎されていません。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

このページの先頭へ