FXデイトレード手法で結果を残すための3つのコツ

デイトレコツ

    デイトレ手法の3つのコツ
  • ルールを作る
  • ルールに例外は作らない
  • 短い時間足を基本に長い時間足のチェックも忘れない


ここでは、デイトレ手法のコツをまとめています。

また、コツ以前のポイントとして、スプレッド・約定能力・取引ツールが優れたFX業者を選ぶのは基本です。

デイトレ手法のコツ①

デイトレ手法のコツ①は、ルールを作ること。

具体的には、ポジション取り・利益確定・損切り(ロスカット)などのルールを作ることです。
ポジション取りを行った後は、自分で決めた利益確定のポイントまで我慢する。

予想に反して逆に動いたらしっかりと損切りを行いましょう。
感情に左右されないように、あらかじめ利確と損切りの注文も入れておきましょう。

投資で負ける一番の理由によく挙げられるのが感情をコントロールできないこと
そういった事態を避けるために、ルールを決めてシステマチックにトレードを行うのです。

デイトレ初心者のうちは、トレンドに沿ったトレードしかしない。
決まった時間帯や通貨ペアでしか取引しないといった分かりやすいルールを設定するのがコツです。


デイトレ手法のコツ②

デイトレ手法のコツ②は、ルールに例外は作らないこと。

せっかく決めたルールもそれを徹底して守らないと意味がありません。
しっかりと遂行することが一番のコツです。

特に気をつけたいのが例外を作らないこと。
負けが込んでいる時や勝ちが続いている時など、こういった気持ちになりやすいもの

その気持ちをグッと抑えて、いつも通りにルール通りにトレードを行うのがコツです。
一度例外を作ってしまうと、一気に崩れてしまう危険性もありますから。


デイトレ手法のコツ③

デイトレ手法のコツ③は、短い時間足を基本に長い時間足のチェックも忘れないこと。

短期売買であるデイトレ手法を行う場合、メインとなるのは5分足や1分足などの短い時間足です。
そのため、なかにはこれらばかりしか見ない人もいます。

しかし、短い時間足だけに注目していると、思わぬ落とし穴にはまることもあります。
1分足や5分足で上昇トレンドでも、1時間足や日足で見ると下降トレンドだったということもあります。

そのため、トレードを行う前に、まずは日足、次に1時間足をチェックし、全体の流れを把握するようにしましょう。
全体の流れを把握した上で、1分足や5分足を使うのです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ