外為オンライン『iサイクル注文』の評価

外為オンラインのiサイクル注文です。

    外為オンライン『iサイクル注文』の評価
  • 自動売買が簡単に行える
  • 最適な注文方法をシステムが自動計算してくれる
  • 取引手数料がかかるのがネック

ここでは外為オンラインの中でもiサイクル注文にフィーチャーして評価しています。
口コミや評判だけでは分からないメリットやデメリットなどの評価を。

外為オンライン『iサイクル注文』とは?

外為オンラインの『iサイクル注文』とは、設定した範囲で注文を自動で繰り返すサービスのこと。
これだけ聞くと、M2J(マネースクウェア・ジャパン)の『トラリピ』と同じような印象を受けます。

もちろん、同じ内容のサービスではありません。
そもそも後発で同じ内容だったら何もメリットがありませんからね。

MT4(メタトレーダー)などの自動売買ソフトとはまた違った自動売買が行える
しかも設定が簡単という点が外為オンライン『iサイクル注文』のメリットです。

外為オンライン『iサイクル注文』のメリット評価

外為オンライン『iサイクル注文』の最大のメリット評価は、MT4などのソフトよりも簡単に自動売買が行えるところ。
簡単さならミラートレーダーも負けていませんが、決まったルール以外で取引が行えない(ルールの種類はたくさんありますが)ミラートレーダーよりも自分で設定が行える分、iサイクル注文の方が柔軟性があります。

こういった点はM2Jのトラリピと同じですね。
そのトラリピとの最大の違いは、最適な注文方法をシステムが自動計算してくれるという点でしょう。

自分で考えて設定しないといけないトラリピに比べ、iサイクル注文では過去の値動きや参考期間、あなたの資金に合わせて最適な注文方法をシステム自動計算してくれます。
そういったことからサポート力を強化したトラリピと言っても良いかもしれません。

スプレッドも外為オンラインの方が狭いですしね。
ちなみにiサイクル注文はレンジ相場でもっとも力を発揮するサービスです。

外為オンライン『iサイクル注文』のデメリット評価

外為オンライン『iサイクル注文』の一番のデメリット評価は、取引手数料がかかる点。
取引手数料がかかるのは口コミや評判でもかなり不評みたいですね。

せっかく良いサービスを始めたのに取引手数料を取るなんて・・・。
大手である外為オンラインにしてはちょっとケチケチし過ぎないような気もしますが。

また、MT4よりも簡単に自動売買が行える分、性能面ではやはり劣りますね。
まあその分、簡単なわけですから、あとはどちらを重視するかでしょう。

FXブロードネット『トラッキングトレード』という選択肢も

トラッキングトレード

    FXブロードネット『トラッキングトレード』の特徴
  • 外為オンライン『iサイクル注文』とほぼ同じ仕様
  • スプレッドはこちらが断然有利
  • スワップも若干有利

FXブロードネット『トラッキングトレード』とは、外為オンラインによりライセンス供与を受けて行っているサービスのこと。
細かい部分以外は、外為オンラインの『iサイクル注文』と仕様はほとんど同じです。

大きく違うのはスプレッドとスワップの部分。
特にスプレッドはFXブロードネットの方が断然狭いため、狭いスプレッド希望ならトラッキングトレードを利用しましょう。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ