商品先物取引のチャート分析

チャート分析のポイント。

    チャート分析のポイント
  • 必勝パターンはない
  • しっかりと経験を積む
  • 自分なりの勝利の方程式を構築する


このページでは、チャート分析における注意点を解説しています。

必勝パターンはない

商品先物取引に限らず、投資におけるチャート分析で必勝パターンというものはありません。
この方法でやれば勝つ!この形になれば必ず勝てる!といったものですね。

たまにブログなどでそういった情報を書いている人がいますが(さすがに一般書籍にはないと思いますが)、それは全て嘘を思って問題ありません
なぜなら、チャート分析における必勝パターンは存在しませんし、そんな方法があるのならわざわざ人に教えたりしません。

自分だけで独り占めして、こっそりと資金を増やしていけばいいだけですから。
もしもあなたがその方法を知っていたとして、それを他人に教えたりしませんよね?

もちろん、過去にこういったチャート分析を行ったら勝率が高かったという方法はあります。
しかし、例え昨日やった方法だとしてもすでに過去のもの。

今日も同じ方法で成果が出るとは限らないのです。
そして、人間には個人差や相性があるように、投資においてもそれはあります。

その人が成功したやり方でもあなたとそのやり方の相性が良いとは限らないのです。


しっかりと経験を積む

チャート分析の必勝パターンがないのなら、自分自身の能力を磨くしかありません。
単純にチャート分析の力を上げ、それによって勝率を上げたり1回の取引における利益を増やすのが一番です。

そのためには何をすればいいか?
何度も何度も取引を行い経験を積むのが一番です。

また、ただ取引を重ねるだけでなく、1回1回の取引を大切に行うことも重要。
何も考えずに取引を行ってもほとんど身にならず、逆にしっかりと集中して取引を行えばその1回が大きな経験となります。

当たり前のことですがその当たり前が難しい
結局この当たり前のことができるかどうか?・・・それによってチャート分析力の成長率は大きく違ってきます。


自分なりの勝利の方程式を構築する

何度も取引&チャート分析を行い、ある程度の経験は集まった。
次に行うことは自分なりの勝利の方程式を構築することです。

こうすると勝ちパターンになりやすいといったものですね。
もちろん、100%の必勝パターンなどはないので、あくまで確率を上げる程度のもので構いません。

ちょっとした勝率の違いでも、それを何度も積み重ねれば、最終的な結果は大きく違ってきますから。
何度も取引&チャート分析を行えば、自分の中での得意不得意が見えてきます。

まずはそれを見極め、あとは得意なパターンを徹底的に磨くだけ。
それを見極めるためにも経験を積むことが大事なのです。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ