CFDにおけるデモ取引の重要性

デモ取引の解説ページえです。

    CFDデモトレードの注意点
  • 侮らずしっかりと行うこと
  • 過信せず本番はまた気持ちを引き締めて
  • デモ口座がない業者もある


ここでは、CFDデモトレードの注意点について解説しています。

CFD取引デモトレードの注意点①

CFDデモトレードの注意点①は、侮らずしっかりと行うこと。

デモと本番は違うと、人によっていきなりデモを飛ばして本番トレードを行う人もいます。
しかし、これは非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。

たしかにデモと本番は違うものですが、練習で勝てないのに本番で結果が出るわけはありません。
これは一切勉強もしないで受験に挑むようなものです。

そして、投資で勝ち続けるのは難関大学に受かり続けるような難しさがあります。
また、デモトレードで培った経験は決して無駄にはなりません。

そこで覚えたタイミングや状況判断把握能力は本番でも必ず活きてくるはずです。


CFDデモトレードの注意点②

CFDデモトレードの注意点②は、過信せず本番はまた気持ちを引き締めて行うこと。

たしかにデモトレードで培った経験は本番にも活きます。
しかし、やはり練習と本番は違うのです。

その最大の原因は自分のお金がかかっていること。
このプレッシャーが想像以上に重くのしかかります。

特にその傾向が顕著になるのが負けている時。
負けている時はいつも通りのトレードがなかなか行えないものです。

しかし、そんな状況から抜け出させてくれるのは経験や知識。
だからこそ、デモトレードはしっかりと行っておくべきなのです。


CFDデモトレードの注意点③

CFD取引デモトレードの注意点③は、業者によってはデモ口座がないところもある点。

デモ口座を作るのは本番トレードを行う予定の業者が一番です。
そうすることで、そこのトレードツールに慣れることができるから。

なので、出来ればそこは統一したいのですが、それよりも一番大事なのは業者との相性
どこも特徴が違うので、この相性というものは必ず存在します。

デモ口座に固執するあまり、この相性を蔑ろにしては意味がありません。
相性の良さそうな業者にデモ口座がなければ、デモと本番を行うのが別の業者でも問題はありません。

この記事を気に入って頂けたらシェアしてもらえると嬉しいです

fb hatena rss

ピックアップ

スポンサーリンク

このページの先頭へ